保育士の求人に応募する【大切なこととは?】
ロゴ

Income News

保育士の求人に応募する前に、必要な資格や応募方法を確認しよう

保育士の求人に応募する【大切なこととは?】

園児と先生

保育士になるには資格が必要

保育士として働くためには、まず保育士の資格を取らないといけません。資格を取る方法には養成学校で学ぶ方法と、保育士試験を受験する方法があります。保育士試験を受けるためには受験資格を満たしている必要があるので、受験資格を確認しておきましょう。

保育士

保育士登録も忘れずに行う

無事に保育士の資格を取得しても、保育士登録というものを行わないと保育士として働くことができません。資格を取得したら、忘れずに都道府県知事に保育士登録を申請して、保育士証を交付してもらってください。

保育士

求人時期にもピークがある

保育士の求人は10~11月、2~3月に行われることが多いです。10~11月は次年度の人員調整が始まるため、足りない人数を把握したあとに求人が出されるのです。2~3月は人事異動や退職で減った分を補うために求人が出されるのですが、求人情報が多く出される時期でもあるので、応募先を探しやすいでしょう。

園児と先生

求人を常に出しているところは要注意

人が足りないため求人を出すわけですが、中にはいつ見ても求人を出しているところがあります。そういうところは入れ替わりが激しい可能性があるため、慎重に検討した方がいいでしょう。

保育士の求人情報を探す方法

園児と先生

保育士関連の求人サイト

保育士関連の求人サイトがあるのですが、そこに求人を出している保育園はすぐにでも人員が欲しいと考えていることが多いです。すぐ働きたいと考えているなら、まずはそのサイトをチェックしてみるといいでしょう。

福祉人材センター

保育園だけでなく、幼稚園や福祉施設の求人情報を知ることができます。大阪をはじめとする全国に設置された施設なので、就職に関する相談などもしやすいでしょう。

求人広告

新聞などに掲載される求人広告にも、保育士の求人が掲載されていることがあります。経験者を求めている場合が多いので、保育士の経験がある人は応募してみるといいですね。

ハローワーク

保育士関連のサイトと同じように、すぐに採用したいと考えているところが多いです。規模の小さい保育所や、託児所などはハローワークに求人を出していることも多いので、規模の小さいところを希望するならハローワークを利用するのが最適です。

公立保育所

保育所のホームページを確認するか、自治体に問い合わせることで求人情報を知ることができます。非常勤やアルバイトとして働くことを考えているなら、年明けに求人が掲載されることが多いため、見落とさないように注意です。